身分証明書としても有効

初心者マーク

事前準備を整えて入校する

国内において自動車運転免許証は、車を運転する上で必須条件となっていますが、身分証明書としても重要な役割を果たしており、取得する意義は大きいです。生活においてバイクや車は重要な移動手段であり、仕事上でも必要な時があります。自動車運転免許の取得には、必ず自動車学校で運転の知識や技術を学ばなければなりません。近年では若者の自動車離れが進んでいますが、運転免許証の取得は減っておらず、自動車学校はどこも教習生で賑わっています。各地域には自動車学校が整備されていますが、大都市では特に充実している傾向にあります。たとえば、京阪香里駅からすぐのところにある自動車学校は、駅から無料バスが出ているのでアクセスしやすく便利です。香里にある自動車学校のようなところでは、原付や大型2輪、大型免許などの普通免許以外の免許も取得する事ができます。また、香里の自動車学校では長期間、自動車の運転をしていないペーパードライバーの方を、サポート教習するプログラムがあります。このようなペーパードライバー教習は、香里に限らず多くの自動車学校で用意されているので、運転が苦手な方などに好評です。自動車学校に入校するには、まず、入校手続きをする必要がありますが、手続きは直接、自動車学校で手続きできますし、インターネットからも可能です。自動車学校に入校するには、必ず視力などの適正検査がありますので、視力矯正が必要な方は、あらかじめ眼鏡やコンタクトレンズを作っておいて下さい。また、必須書類として住民票などの身分証明が必要となりますので、市町村役場で事前に取得しておくと良いでしょう。